愛知・三重・岐阜の遺品整理・空家整理ならキュアハンドサービス株式会社「エレクトーンや電子ピアノの処分、どうする?」ページ

愛知・三重・岐阜の遺品整理・空家整理ならキュアハンドサービス株式会社「エレクトーンや電子ピアノの処分、どうする?」ページ

施工事例・ブログ

BLOG
2019.10.08 ブログ

エレクトーンや電子ピアノの処分、どうする?

使わなくなってしまったエレクトーン・電子ピアノ。
ピアノほどではないといえ、部屋の中でかなりの場所を取るし、もう弾く人もいないのでどうにかしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
キュアハンドサービスでもピアノはどうしたら良いかとよく依頼者様からお問い合わせが多くあります。
この記事では、エレクトーンやピアノのさまざまな処分方法、費用、また無料で引き取ってもらえる方法をご紹介します。

エレクトーン・電子ピアノの処分方法4選

オークションに出品する

古いエレクトーンでも格安であれば買いたい人がいます。
ただし、運送費は別なのか、運送費込みの価格なのかの明記を忘れずにしましょう。
また相手側は大きな買い物ですので音が出ないなどの不備などに細心を払いましょう。
ピアノの場合は、調律は到着後になることを知らない方も多いので、そのような注意書きもしておくとさらにトラブル回避になるでしょう。

粗大ゴミに出す

ゴミとして捨てる、という選択は一番簡単に思えるかもしれません。
しかし、粗大ゴミとして捨てる場合には、基本的にはゴミの回収場所まで自分で運び出さなければいけないのでかなり大変です。
また自治体によっては、粗大ゴミとして出せないものとして指定されています。

リサイクルショップに売る

比較的新しいエレクトーンであれば買い取ってもらえます。
売るといっても「引き取ってもらう」という程度の金額にしかならない場合が多いでしょう。
またご自身で運搬するのにも一苦労。
軽トラか大きなワゴン車がない場合はレンタカーを借りることになるので大きな出費になります。
また持って行っても買い取れないと言われてしまうこともあるようで、そのような場合はまた自宅に戻らなければいけません。
そんなことにならないように最初に買取業者にしっかりと買取詳細を聞きましょう。
キュアハンドサービスでは、お客様からの委託依頼でピアノの引き取りを依頼される方がほとんどで、電子ピアノを買い取ってもらえないか買取業者5件以上に問い合わせてみましたが無料回収でさえ断られました。

発展途上国に寄付する

発展途上国の学校などに寄付する方法です。
業者に依頼して引き渡すのですが、無料ではなくこちらが手数料などの費用を負担する必要があります。
しかし、どこかの国のこどもたちに大切にしていたものを喜んで使ってもらえると思うとすこやかな気持ちになれそうですね。

エレクトーンの処分費用・買取金額

エレクトーンを処分するにはいくら費用がかかるのか、下記にまとめてみました。
※自治体によって誤差がありますので、あくまで参考になります。

費用がかかる場合
・市町村指定の回収業者に依頼する場合……10,000-20,000円程度
・発展途上国に寄付する……10,000円〜

買い取ってもらえる場合
・リサイクルショップ……ヤマハなどの人気モデルの場合100,000円程度で買い取ってもらえる場合も。
・ネットオークション……相場は10,000-20,000円程度。
しかし、送料でマイナスになってしまう場合もあります。

無料で引き取ってもらえる?

買取業者に見積もりを依頼した場合、エレクトーンは無料で回収してもらえる場合もあります。
リサイクルショップと同じように、人気モデルのエレクトーンの場合は高額で買い取ってもらえます。
人気モデルでなくても、「無料」引き取り可能という査定になる場合もあります。
査定は無料の場合が多いので、まずは査定を依頼してみることをおすすめします。

無料の回収業者に注意

ここまでご紹介してきたように、例外なく無料でエレクトーンを回収してもらうという方法は残念ながらありません。
そのため、もしエレクトーンを「無料で回収可能」としている業者があった場合、「あやしい」と思ったほうが良さそうです。
無料といいながら、後でいろいろな理由をつけて費用を請求してくるということもあります。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
ピアノ、エレクトーンは、値段が高かった割に処分に困ったり、買取は二束三文になったりとなかなか思い通りにいかないことが多いようです。
思い切って、エレクトーンを処分するおすすめの手順は下記のようになります。

まず買取査定に依頼してみる
買取査定で買取不可になった場合には、費用を払って回収業者に引き取ってもらう

「無料で回収」という甘い言葉に乗せられて、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。